サービス

お客様のニーズを第一に

customer service

技術動向調査

  1. 出願状況(分類別・国別・出願人別)について出願多数企業の最近の出願をピックアップすることで、傾向が確認できます。

  2. 独自性技術の確認ができます。

  3. 提携関係の確認          

  4. 権利移転状況関係の確認

  5. ライセンス可能度の高い特許

  6. 分野毎の主な技術課題に対する当社オリジナル評価の高い最近の解決手段をピックアップします。

  7. 当社オリジナル評価により主な企業の各社のパラメータに対するバランスが把握できます。

  8. 訴訟情報 著作権・不正競争防止法も含めた訴訟情報を提供させて頂きます。

  9. きめ細かいカスタマーサービスは当社の誇りであり、ご満足いただけると確信しております。サンプル等もございます。お気軽にご連絡ください。

Delivery-Hands-Holding-boxes

カスタム(ライバル企業)調査

  1. 特定テーマについて最近の出願をピックアップすることで、傾向が確認できます。

  2. 新規参入企業や異分野の企業の特許を確認することができます。

  3. 分野毎の主な技術課題(ご要望)に対する当社オリジナル評価の高い最近の解決手段をピックアップします。

  4. 先行技術調査+クレーム作成サポートサ―ビス

  5. 開発期間及び工数の低減に繋がるイノベーション情報のご提供

  6. ライバル企業保有の特許の無効レベルをご提示します。

  7. 分野の無効審判状況を提供させて頂きます。

  8. ソフト部門をお持ちの企業様やソフト会社様にはこれまでの著作権等の裁判例のポイントを具体的にご提供させて頂きます。


Online Shopping

イノベーション情報のご提供

開発等での技術的問題点に対する解決策候補を知財情報から抽出してご提供させて頂きます。これにより開発期間及び工数の低減に繋がると思われます(アフターフォローとして具体的なご対策案段階で侵害に該当する恐れがあるか否かの情報をご提供いたします)。
例え開発に反映できなかったと致しましても、イノベーション情報を事前にチェックしておくことで、1.重複開発の防止 2.侵害の予防につながるかと思われます。

customer service

無効・侵害調査

無効・侵害調査 クリアランス調査により侵害の恐れの度合いにより、その対象となる特許の無効レベルをご提示します。クリアランス調査(間接侵害も含めた調査)に対して、当社は以下の特徴を有しています。
 a.検索有資格者によるため精度が保証されます。
 b.類似裁判例の調査
 c.侵害の恐れのある対象となる特許の無効度調査
 d.侵害の恐れのある対象となる特許の訂正も考慮した調査を致します。

東京都大田区南蒲田1-20-20 大田区産業プラザPiO内

元理科大教授で特許庁登録機関の創立者でもある 西澤氏が代表を務める西澤技術士事務所と連携しています。